和牛と呼べるのは在来種の4種類だけ!和牛の種類と国産牛との違いなどを説明します

このサイトでは和牛と呼ぶことのできる4つの種類と国産牛との違いについて説明します。
この2つの呼び方の違いは、区別するときの基準がそれぞれ異なることで生じます。
また普段から耳にするブランド牛は4つの品種のいずれかに属しており、それぞれ独自の血統をもつ日本の在来種を交配、改良することで誕生した品種です。
ここでは4つの品種で最も流通量の多い黒毛和種と、最も希少とされる日本短角牛の特徴や産地などについて説明します。

和牛と呼べるのは在来種の4種類だけ!和牛の種類と国産牛との違いなどを説明します

和牛と一口にいいますが、実は4種類あります。
和牛は日本古来の4つの在来種の血統に限定して表示することが許されており、それ以外は名乗ることができないのです。
耳にする機会の多い黒毛和種はこの1つで、和牛全体の9割を占める最も流通量の多い種類です。
名前の通り黒い艶やかな毛をもち、高級精肉を決めるランク付けの基準の1つである霜降りになりやすく風味の良い肉質が特徴です。
産地も特に限定されることなく日本全国で飼育されており、名前の知られたブランド牛の多くがこの品種です。

和牛と国産牛の違いは区別するときの基準の違い

私たちが普段何気なく目にする和牛と国産牛。
その基準の違いを説明できる人はいるのでしょうか。
特に気にせず手に取っている人が大半だと思われます。
和牛というのでは純粋に日本で生まれた品種を改良して育てられたもののことを言います。
国産牛というのは生まれは関係なく、日本で品種改良され、一定の期間(3か月)以上日本で育てられたもののことを指します。
外国産であっても国産牛と呼ばれることもあるわけです。
和牛と呼ばれる品集は黒毛和種、褐毛和種、日本短角種、無角和種の4つしかなく、この4種内で交配したものしたものも和牛として認められています。
これらはすべて純血でなくてはならず、国内だけでなく海外でもWAGYUとしてブランド化され人気を得ています。
国産牛で有名なのものはホルスタイン種、アンガス種などがあります。
カタカナ表記であっても前述の基準をクリアしているため国産牛の表記がされます。
牛肉といっても様々な品種があるため、スーパーで手にする際もチェックするようにすると面白いかもしれません。

和牛と呼べるのは日本の在来種の4品種

牛肉の場合、国産牛と輸入牛、そして和牛という呼び名があります。
国産と輸入の違いはわかりますが、和牛も国産であり、いったいどう違うのか明確に応えることが難しいことがあります。
和牛とは日本の在来種をもとに作られた食肉専用の牛をさします。
そのためすべて日本で作られたように感じますが、実際には日本産でなくてもよく品種を指して呼んでいます。
品種は全部で4品種となっており、黒毛和種、褐毛和種、日本短角種、無角和種になります。
これら以外のものは和牛と名乗ることはできません。
4品種のうち最も多いのが黒毛和種であり全体の約9割を占めています。
産地も全国にあり、有名な銘柄には大阪や米沢、丹波や近江、前沢など高級と言われるものがあります。
実際にお店をのぞいてみると、国産牛と記されているものが多いのですが、中にはあたかも高級のような表記のものもあります。
法律上国産牛と表記することは可能なのですが、高級なものは表記せずしっかりと品種名が入っているので間違えて購入しないようにします。

和牛との違いは国産牛は品種に関係なく国内の飼育期間で決まる

和牛の定義は決められていて、定められた4種類の品種と、それらの4種類を掛け合わせた交雑種のみしか名乗れません。
和牛の90パーセント以上は、黒毛和種でスーパーの店頭で購入できるものは殆ど黒毛和種です。
他の3種類の褐毛和種と日本短角種と無角和種で、地域の特産牛をして売られている事が多いです。
それに対してスーパーの店頭で和牛に比べてかなり安く売られている国産牛とは、品種には一切関係なく日本国内での飼育期間が長ければ名乗る事が出来ます。
だから例えばアメリカで子牛の頃1年育てた牛を、日本の酪農家が輸入しても国内で1年と1日以上飼育して育てたら国産牛を名乗っても問題ないです。
和牛も当然ですが日本国内での飼育期間が長いので、国産牛を名乗っても問題ないです。
だけど国産牛を敢えて名乗らないのは、スーパーなどの店頭では圧倒的に低価格で販売されているので、敢えて安いイメージのある国産牛を名乗らない方が高く売れるからです。

和牛も国産牛と表示することができる

和牛はブランド牛で、国産牛よりも高額で流通しているので違うものだと勘違いしている人も多いはずです。
だけど国産牛は簡単に言えば、品種やどこで産まれたのかとかは関係なく、全飼育期間の半分以上の期間を日本国内で飼育されたというだけです。
それに対して和牛には明確な定義があって、肉専用種として指定されている4つの牛の品種か、その4品種間の交雑牛だけを指します。
和牛は日本古来の品種を美味しくするために、品種改良を重ねて日本人の米食に適した嗜好にあった品種です。
具体的には9割以上が黒毛和種で、それ以外に日本短角種や無角和種と褐色和種です。
和牛も当然ですが、ほとんどの場合は日本国内で半分以上の期間飼育されるので、国産の牛の一種であるため表示する事は可能です。
可能ではありますが、スーパーマーケットや肉屋で売る場合は国産の方が安く流通しているので、敢えてそのような表示をする意味がないので表示して売られる事はほぼないと言っていいです。